ギター講座  目次

ギター講座 更新情報

ギターの弾き方 基礎講座

カポタストで2台のギターを合わす方法1

前回の講座「2台のギターの合わせ方」の手法(1−1)で紹介した
【カポタストで、PLAY(=Capoの位置)を分けてアレンジする】
方法について説明します。
(以下、カポタストを、通称どうり カポと呼びます)

ギター奏法でよく使われる、PlayとKeyとCapoの関係表という簡易表があります。
PlayとKeyとCapoの関係

この簡易表の使い方を説明します。
行のコードは、曲の中心となるKeyコードを示し、列のコードは押さえるべきコードPlayコードとなり、
表中の数字は、Capoを付けるフレット(ポジション)位置を示します。

曲のコードがGとなっていたら、Major Key(長調)のKey:G
曲のコードがGmとなっていたら、Minor Key(短調)のKey:Gm
となり、行の項目になります。

Gコードを、複数のギターで、Capoで弾き分ける場合
Key G の列を読み取ると、
例1)
カポ無しなら、コードGのまま(当たり前)
3カポなら、押さえるコード(Play)はE
5カポなら、押さえるコード(Play)はD
7カポなら、押さえるコード(Play)はC
の中から選べば良いだけです。

もし、自分の持っているギター楽譜が、バンドスコアでなくてソロ用の楽譜があって
それを友達と、ツインギターでアレンジしたい場合、

その曲のCapoとKeyから、表中にあるCapoに変更したら、このKeyは、このPlayになってとメモっていけば、もうひとつの楽譜ができちゃう訳です。

印刷して利用できるようにPDFにして添付します。用紙設定のあと、ご利用ください。
playkeycapo.pdf



ギターの弾き方 基礎講座







ギター弾いてみてネット!おすすめショップ】
おおすすめギター楽譜ギター初心者向けギター練習本がそろっています!
http://astore.amazon.co.jp/zaurutomacnos-22



おすすめアコースティックギターギターパーツがそろっています!
http://astore.amazon.co.jp/guitarpop-22



素敵なアコースティックギターギター楽譜をお探しの方は、詳しく商品を紹介している姉妹ブログの『アコースティックギター通販ショップ』へも、ぜひご訪問頂きたく宜しくお願い致します。



posted by ひでまる at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターの弾き方 基礎講座 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ギター初心者でも安心のアコースティックギターのある楽器店ならここ!
amazom amazom a8 a8
ギター アコギ アルペジオ 奏法 講座
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。